花咲くまにまに

花咲くまにまにのupが完了しました。

以下ネタバレを含んでいますので閲覧にはご注意を!

和物が好きなので個人的には結構好きな作品になりました。
ただ色々と気になる部分も多く……

攻略対象は5名。
このうち二名は攘夷志士。
公式でも伏せられているのですが、共通√ですぐにバレるのに、これを隠す意味が分かりません。
というか、これ知っていたら買いませんでしたw
もう、幕末物はお腹一杯です。

それから主人公について。
「素直で一生懸命がんばる」子で「恋愛には鈍い」子です。
それだけならまぁ、「良くいる主人公」なのですが。
いきなりやって来た主人公に対して皆が最初からかなり好意的すぎるのはまあ、仕方ないのかもしれません。
接客業なのに客の情報を流すのも気にはなるけどストーリー上がまんするしかないです。
でも戦にまででしゃばるのはかなり好感度低いです。
幕末の志士が小娘の意見に左右されるはずありません。
そして「桂の将来を知っているのに高杉の労咳は知らない」ご都合主義。
私は宝良→辰義→白玖→和助→倉間の順でプレイしたのですが、プレイすればするほど主人公が嫌いになりました。

立ち絵と背景は綺麗です。
でもスチルは別人レベルの物がかなりの確率でまぎれています。
それからこのようなゲームで初めて気になったのがSE。
「手を握る」と言っているのに殴ったような音がしたり、足音も襖をあける音も全部気になりました。
音楽がいいだけに、かなり残念。

色々書きましたが、個人的には結構好きなんです。
それだけに色々気になったというか。
公式の人気投票では白玖が一番人気なようですが、私的には宝良のベストエンドが一番好きです。
そして桂とか高杉とか、もうやりつくされたキャラでなく、赤根を攻略キャラにすればよかったのに。
彼も結構悲劇な人だと思うので。

とりあえずオススメの攻略順がblogに載ってたりしますが、
1,和助・白玖
2,宝良・辰義
3,倉間
こんな感じのグループに分けられると思うので好みで遊べばいいと思います。

総合評価: