レンドフルール


レンドフルールのupが完了しました。
以下ネタバレを含んでいますので閲覧にはご注意を!

言いたい事が多すぎなので、まずは良かった点から。
ヴィジュアル、音楽、世界観共に最高でした。
特に音楽は、「素晴らしい!」と言える程の出来。
声優さんの演技もとってもいいです。
(ただ、南の騎士の声優さんだけはあまり好きではない声なので、他の声優さんだったら…と思わなくもないけど)

そして気になった点。

ラヴィールが面倒。

これ、必要だったんでしょうか?
タイムアタックとか、誰の必殺技かと。
 

バグ。

セリフと字幕が合っていなかったり、リバースしたり。
誤字も普通にあるし。
大人の仕事なんだから、ちゃんとデバックしろよ、と。
 

シナリオだけならksゲー。

セリフ回し「だけ」なら重厚感出してます。
ただ設定をややこしくし過ぎて自己満で終わってるなーと。
読んでて色々と矛盾を感じちゃう時点でどうかな、と。
悲恋とか切ないとか煽ってた割に短いシナリオを面倒にしてるだけだし、自分の恋愛の為に全て周りのせいにして邪魔者は排除しといて「ハイ、悲恋」って言われてもね。
まあ、まとめると中二っぽい話かな。
 

主人公が恋愛最優先すぎて泣けてくる。

一番言いたいのがこれ。
まあ「シナリオがks」とも繋がっている訳ですが。
主人公に限らず登場人物のほとんどが恋愛脳です。
まず、「主人公は実は女神の器で身体を乗っ取られる!」という展開が中盤にありますが、そこで女神の方が悪者扱いな事に(個人的に)違和感でずっとモヤモヤしたまま物語は進んで行きます。
シナリオの文章力不足のせいで時間の流れが体感だとものすごく短いので、主人公がすごく短い期間で攻略対象を好きになっていて、しかも「人を好きになる感覚が分からない」とか「世界を収めるレーヌだから恋愛は二の次」とか言ってるくせにものすごく簡単に(何の葛藤もなく)好きになるから、これもモヤモヤ。
ユベールからずっとレーヌとしての教育を受けていたはずなのに、無知な上に口では偉そうな事を言っているけど、何の覚悟もなく、都合が悪くなると「私はレーヌだから」の一言で済ませるあたり、どこの使用人かと。
おまけにどこぞの使用人と一緒で全て周りまかせで本人は優雅にお茶飲んでるだけ。
レオン√で「レーヌは一人で泣くタイプ」とか言わせているくせに次のシーンではレオンの前で泣いていたり、すぐ泣く印象しかありません。
一番引いたのが、自分の恋愛の為なら花人を殺しても「ま、いっかー」な態度。
それを悲恋と言われてもね。
しかも、周りも何事もなかったように接して来るから違和感だらけ。
おまけにガンコでしつこいし、この主人公はとにかく大嫌いになりました。
被害者面してるけど加害者だよね?
(そして、主人公が喋るシーンが所々にあるんだけど媚び媚びでキモかったからテキストだけで良かったと思うー)
 

結論。

出し惜しみしたくせに、いつものオトメイトでした。
 
ルイ√はLove endと言われても…だし、ギスラン√も周りに迷惑かけまくりだし、オルフェ√とユベール√がまぁましだった程度。
そしてレオンがアホすぎて「コレじゃない!」感が…
 
(それと、ここ最近続けてラスボス的な扱いのユベールの中の人の演技は確かに上手いし好きなんだけど、まぁ、あのヒナのような〇とかがチラついて萌えより先に笑いが来るからそろそろ他の腹黒な演技の上手な人を発掘して欲しいところ)
 
ま、ヴィジュアルは別として裏波が一番好きかなー。
 
2015-08-20発売 / オトメイト / PlayStation®Vita
総合評価:

「レンドフルール」公式

※「レンドフルール」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。